スタジオ案内

HOME | スタジオ案内

バレエを通して感受性豊かな人間性のある人を育てたい

当スタジオは松山バレエ団付属のバレエ学校府中支部から、2001年に独立した教室です。 巣立った生徒達は結婚してお母さんとなったり、バレエの指導者となったり、国内外のバレエ団にプロとして活躍している者も数人おります。 コンクールなどで競うバレエが多くなった昨今、普通のレッスンや発表会、勉強会で踊る事を楽しみとしてくれている今のスタジオの生徒達は、生徒達のどの子をとっても個性豊かで思いやり深い自慢の生徒達ばかりです。 コンクール等で鍛えられている生徒さん達に比べると厳しい環境下にいないだけ弱く卓越していないかも知れません。 素晴らしいバレリーナを育てる優秀な指導者はたくさんいらっしゃいます。 私はまず、バレエを通して感受性豊かな人間性のある人を育てたい、と願っております。
 

スタジオには3枚の紫陽花の花が飾ってあります。 私は小さい頃から紫陽花の花が大好きで、母がスタジオ移転の祝いに自ら描いた絵を送ってくれました。 紫陽花はたくさんの小さな花が集まって一つのブーケとなっているのに、一つひとつの花が一枚いち枚の花びらが自己を主張している。 それでも集まればより美しくより凛として存在感がある。 私にとって生徒達は一人ひとりの個性ある存在です。 バレエを通して個性を持ちながら社会に通用する常識を供え持つ協調性のある生徒を育てられれば私の理想とするところです。 バレエを習っても必ずしも、その道に進むとも限りません。 私はバレエ教育を通して一人の人間の心身の成長のお手伝いをさせて頂いていると思っております。